エレクトーン運送はどこが安いか?

エレクトーン運送

エレクトーンの運送は一人では難しいですし、身内や友人の協力が得られたとしても、大きくて重いので、怪我をしたりエレクトーンを傷めてしまう可能性が高いです。

 

そんな時は、色々と専門業者を調べたりしがちですが、ズバリ、引越し業者に依頼すると安く運送できるのでおすすめです。

 

引越し業者は、エレクトーンだけの引越しや運送も嫌な顔ひとつせずに引き受けてくれるのでご安心してください。

 

ただし、引越し業者でも得意分野と不得意分野があり、定価があってないようなものなので、料金を比較して安いところを選んでエレクトーンの運送をすることが大切です。

 

ネットで、無料でエレクトーン運送の一括見積りできるので、まずはお気軽に申込みしてみることをおすすめします。

 

簡単に料金比較できるので便利です。

 

引越し侍一括見積もり

エレクトーンの荷造り注意点

エレクトーン運送相場

新居への引っ越しに伴って、大事なエレクトーンを新居まで運びたいと思う場合、一体どんな点に注意して荷造りしたらよいのでしょうか。場合によってはエレクトーンを解体して運んでもらうこともできますが、もちろん解体せずにそのまま運ぶことも可能です。その際に注意しておきたい点は、蓋をきちんと閉めて固定しておくという点です。仮に、蓋がしっかり固定されていないとしたら、運ぶ際に指を挟むといった怪我の原因になるだけでなく、運搬中に故障してしまう原因ともなり得るからです。それでエレクトーンを荷造りする際には、蓋を必ずテープなどできちんと固定するようにしましょう。

 

また、エレクトーンは非常に重く、なおかつ大きなものです。そのため、十分に注意していても運搬中にどこかにぶつかったり擦って傷をつけてしまう危険があります。それで、荷造りの際には全体を大きなカバーで覆うなどして保護することが必要です。さらに、つい忘れがちな点ですが、エレクトーンの荷造りの際にはペダルをしっかりと保護することも大切です。運搬中にペダルをぶつけてしまうなら、傷がついてしまったり破損してしまうことさえあるからです。ペダルにも必ずカバーをかけ保護するようにしましょう。

 

こうして保護していたとしても、傷がついたりへこみができたりすることがあるものです。それで、実際にエレクトーンを荷造りする前に、全体を丁寧に拭きながら傷やへこみの有無を確認しておくよう勧められています。その際には、傷やへこみの有無に関わりなく必ず写真を撮っておくようにします。何と言ってもエレクトーンは非常に重い上に、傷やへこみができやすい木製のものが多いからです。こうして荷造りの前にきちんと写真を撮っておくことで、後々に起こるかもしれないトラブルを回避することができるのです。加えて、旧居で荷造りをして運び出す前に、引っ越し業者の立ち会いのもとに作動確認を行なっておくことも勧められています。

エレクトーン運送を依頼する際の3つのポイント

エレクトーン運送料金

エレクトーン運送は、電子ピアノなどと違い解体できないものが多く個人で運搬するのが大変であり危険を伴います。そのため、運送をする場合は専門業者に頼むことが安心であります。まず、専門業者に頼む場合家の中にエレクトーンが入るのかを事前に知ることが必要です。ドアの大きさやエレベーターの扉の大きさなどを確認し、部屋までエレクトーンを運べるのかを知ることが大切だと言えます。新築などの場合には、設計の段階でエレクトーンの場所の確保をしておくと後々大変な思いをしなくて良いでしょう。設計士ともよく相談の上どの部屋に置くべきなのか専用の部屋を作るのかを考えておいたほうが後々苦労せずに済むと言えます。

 

また、エレクトーンを置く場所に日光が当たりすぎないか湿度が安定している部屋なのかを調べておく必要があります。これは、日光などがあたると故障や動作が不安定になる場合があり演奏をする立場としては避けたいことであります。そのため、置く場所はなるべく日が当たらない湿度が安定している部屋に設置するべきでしょう。他にも、テレビやラジオなどの電波に弱いためこれらの近くを避けたほうが良いと言えます。音源などが、狂う心配があるためそうならないためにもこれらの近くには置かないようにしましょう。できれば、単体の部屋に設置した方が非常に安心です。引っ越しをする前に、配置を考えた上でエレクトーンを置く場所を考えておけばスムーズに運送ができると言えます。

 

このように、大きな荷物は運べても設置する場合に簡単に家に入らない場合もあります。そのことを、事前に知ることでスムーズに引っ越しなどを行うことができると言えます。決して、個人輸送は考えずに専門業者とよく相談した上でエレクトーンの設置を考えたほうが良いでしょう。特に、小さいお子様がいる家庭などは危険を伴う場合があるため引っ越しを行う前にしっかりと下調べをしておくと良い方法だと言えます。

リサイクル VS 廃棄処分!どちらがお得?:エレクトーン

エレクトーン運送申し込み

エレクトーンは家庭にも普及している電子楽器です。手軽に様々な音を奏でられるため、幼い頃から親しんでいる人も珍しくありません。普通のピアノなどとは違い鍵盤が2層に分かれていることも多く手軽に本格的な演奏も可能です。一方で比較的大型な製品も多いため場所を取ってしまうことがあります。使わなくなったら大事に取っておくよりも早めに処分しておくべきでしょう。ただその方法によっては損失を被ることがあります。

 

単なる廃棄を選んでしまうと、料金の発生は免れません。ほとんどの自治体では粗大ごみ回収費用は本人負担となっているためです。専門企業による不用品の引き取りも同様にお金がかかります。また料金を払ってまで捨てるという処分方法は、使い慣れたエレクトーンを単なるゴミとして扱っているも同然です。まだ演奏できる製品も無駄になりますから、心理的にも負担がかかることでしょう。

 

リサイクル店にエレクトーンを買取してもらえば処分しつつお金も手に入ります。さらに少しの配慮を加えることで、よりお得に活用することが可能です。ポイントとしては宅配や引き取りに関する料金の有無があげられます。たとえ査定金額が高くとも手数料が嵩んでしまえば、結局は損をしてしまいます。エレクトーンをはじめとする楽器買取専門店ならばユーザー目線のサービスを受けることが可能です。とても1人では持ち上がらない大型製品も、専門のスタッフが迅速に運び出してくれます。これなら女性やお年寄りでも手軽に処分できるため便利です。その上で目利きが揃っているお店であれば適正料金に基いて買取額を算出してくれます。何よりせっかくのエレクトーンが無駄にならないこともメリットです。市場に流通することで新たな人の手に渡って、新たな活躍の場を得ることができます。処分した持ち主だけではなく様々な人に恩恵が与えられるのがリサイクルです。賢い手立てを考えて古い楽器を手放していきましょう。

必見!後悔しないエレクトーン選び

エレクトーン運送一括見積り

エレクトーンは初心者用からプロの演奏家が使用するモデルまで幅広いラインナップがあります。88鍵あるピアノとは異なり一般的なエレクトーンの鍵盤数は上下それぞれが49鍵、足鍵盤が20鍵となっていますが、プロ仕様のものには60鍵以上あるモデルもあります。

 

アンプの出力ワット数や各種機能の充実度が大きく異なるので、自分の演奏レベルにあったものを購入しないと取り扱いが難しくなるので、事前によく検討することが大切です。エレクトーンの選び方のポイントとして、キーボード本体とペダルやスタンドが分解できるか否か、という点があります。持ち運びをしないならば全て一体型で問題ありませんが、ライブ演奏などに持ち込む場合は分解できないモデルは持ち運びが非常に困難になります。それと併せて外部スピーカの接続の可否も重要です。ライブ演奏の場合、プリセットされているスピーカーのみでは音量が不足する可能性があり、スピーカーの前に集音マイクを設置しなければなりません。

 

外部スピーカー接続端子が付いていれば、音響設備を使用することなく大音量で演奏することが可能です。次に鍵盤のタッチの違いです。エレクトーンは鍵盤を弾くと電気信号が伝わり音が鳴りますが、鍵盤を弾く強さで音の強弱が変わる「イニシャルタッチ」と、鍵盤を押し込む強さで音の強弱が変わる「アフタータッチ」、鍵盤を左右に揺らすことでビブラートをかける「ホリゾンタルタッチ」などの仕組みがあるモデルがあります。弾き方によって感情や表情を付ける場合にとても有効な仕組みなので、これらの仕組みの有る無しは演奏に大きな違いがあるため、選ぶ際に検討する重要なポイントのひとつと言えます。また、モデルのグレードによって、自分の演奏を録音できるレジストレーションメモリー機能や、ストリングスやブラスなど他の楽器の音色を奏でる拡張音源の数にも違いがありますので、レベルと共に目的も考えて選ぶことが大切です。

 

引越し侍一括見積もり